"The Annie Awards 2009"Report!!/アニー賞2009inロサンゼルスレポート!!

logonewother.gif

"The Annie Awards 2009" in LA!!

"アニー賞授賞式 2009" in ロサンゼルス!!



anniebg.jpg

「ユミさん、一緒にロサンゼルスに行きませんか?」
・・・この一言が、まさかこんな旅になるなんて!!!!!

2009年1月、友人のアサミちゃんに誘われて、軽い気持ちで旅立ちを決めた私。
ロサンゼルスは大好きな街、いつでも行きたい!!だから即OK。

だけど・・・
いつの間にか、アニー賞授賞式に出席することになっちゃった!?!
それに、それに・・・
ディズニー・アニメーションスタジオや、
ドリームワークススタジオにも行くことになっちゃった!!!!!!!

果たしてどんなミラクル経緯でこんなことになったのか!?
じっくりご覧ください!!


introduction...


ことのはじまりは一通のメール。
差出人は、今、カナダにいる友人のアサミちゃん・通称あさみん。

あさみんとは、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」のワールドプレミアに行くにあたり、同行者を募集したときに出会いました。
仙台に住む彼女ははるばる成田にやってきて、そして一緒にロスに旅立ったのです。
そして、あのミラクルなワールドプレミアを一緒に体験してすっかりお友達となり帰国したのですが、なにせ東京と仙台なので、その後一度も会っていませんでした。

しかし、彼女は私に劣らない行動力の持ち主でした。
ある日「東京国際フォーラムでやる、アイ・アム・レジェンドのジャパン・プレミアのチケットが当たったので一緒に行きませんか??東京に行きます!!」と連絡が来たのです。
そして久しぶりの再会を果たし、お互いの近況報告をしていると、なんとあさみん・・・

恋をしている、と!!!!!!

「こりゃーーー聞き捨てなりませんな!!」と、食い入るように話を聞いてみると、なんと相手はカナダの人だと言うではないか!!
絵が大好きなあさみんは、これまた絵が大好きな彼とひょんなことから知り合い(都合の悪いときに便利な言葉"ひょん"。笑)、
話を聞く限りでは、「もう、彼もあさみんのこと絶対好きじゃん!!!」状態でした。
それで私はいつもの調子で、「行っちゃいなよ!!付き合っちゃいなよ!!!」的なことを言っていたような気がします。たぶん。うろ覚え。(最低)



しばらくしたある日・・・。
あさみん、なんとお友達とカナダ旅行へ。
そして、めでたく彼と恋人同士になってしまいました!!

そしてまたしばらくしたある日・・・。
あさみん、カナダのワーホリビザをgetして、
カナダに旅立ってしまいました!!!!

・・・行動早っっ!!

こうして旅立ったあさみん。
旅立ち前、うちに泊まりに来てくれたのを最後に、旅立ってからは、ウェブ上のBlogなどで彼女の近況を見て「うん、楽しそう♪」なんて思っていました。

そんなある日・・・

と、一行目に戻るわけです。



「ロスに行きませんか?」

内容はこれだけではなかった・・・。

なんと、あさみんの彼氏・Jeremyさん(通称Jさん)は、
イラストレーター&アニメーターである、と・・・。

そして、彼の友人がなんと、なんと、

なななななななななんと(しつこい)

あの!!!

あの!!!!!

あの

『ディズニー・アニメーション・スタジオ』

にいる、と・・・

=「いるから、見学できるよ」

・・・・と!!!!!!!!!!!




なにぃーーーーーーーーーーーーー!!!(錯乱)




・・・何を隠そう、私は相当なディズニー好きなのです。
そんな私にとって、ディズニー・アニメーション・スタジオはまさに聖地、
生きているうちに行けることなんて無いと思っていた場所・・・。

そこに行けるかもしれない、ですと!?!?

もうこれは、例え直前に何が起きようと這ってでも行くしかないと思いました。
そして速攻「行くっ!!!!」と返事をしました。



そして、やりとりを進めているうちに・・・。
これまた軽〜いノリで「1月30日に、アニー賞っていうのが開催されるんですって。これも行きません?」みたいな流れになりました。

アニー賞。
何も知らなかった私は、とりあえずGoogleにお世話になり・・・

すると、どうやら「アニメーションのアカデミー賞と呼ばれている」賞だそう。
これは、赤い絨毯が敷かれる予感・・・。

「行くっっっ!!!!!」

私、レッドカーペットのあるところにはどこでも参ります。
・・・というわけで、アニー賞にも行こう!となったのですが、もちろんいつものごとく何の情報も持たない私たちは「開催日にその会場近くでフラフラすればたぶん誰か見れるよね♪」というノリ。
というわけでアニー賞の公式サイトを見てみると、どうやらアフターパーティが開催されるらしく、そのチケットが売り出されていました。
それを知ると、あさみんの予想通り「おおお!!!こりゃ買うしかない!!」となった私。
しかし、何せ暴走に継ぐ暴走で、私の大蔵省は常に危険極まりない状態。実は今回のロス行きだって、軽く借金気味・・・。それでも行きたいし、行かなきゃ、行かない方が死ぬほど後悔する。やりきって出来た借金を返す苦しみなんて快感でしかないわ!!!

・・・そんな私の暴走を心配したあさみん、「ちょっと冷静になりましょう」的な言葉をかけてくれるも・・・もはや誰も止められない状態の私。
自分でも自分が止められない。笑

するとここでJさん登場。そして・・・びっくりな展開が起きたのです。

なんとJさん、その人脈を駆使して、
私をレポーターとして「公式に」入れるようにしてくれちゃったのです!!!!

こっ・・・・



「公式に」!?!?!



・・・かくして、私は旅立つことになりました。
今までの暴走で、常にどかされ、蚊帳の外だった私が、
ここにきてついに人生初の

「公式に」

レポーターとして、アニー賞授賞式&アフターパーティに行っちゃうことになったのです!!!!!!!!!

果たして、どんな旅になったのか・・・。

そりゃもう、言うまでもなく、



最っっっ高でした!!!!!!!!!!!!



では、「公式」を駆使して(しつこい)
撮りに撮りまくってきた大量の写真たちと一緒に、渾身のレポート、
お届けいたします!!!

Enjoy!!!

index


Part1:「・・・豪邸!?」

Part2:「IMAXでダークナイト!!」

Part3:「WICKEDが見たくて日帰りサンフランシスコ!!」

Part4:「夢にまで見たディズニー・アニメーション・スタジオ」

Part5:「会場へ」

Part6:「スターの到着」

Part7:「王者・チームカンフーパンダと更なる巨匠、そして謎のイケメン」

Part8:「ついにジョン・ラセターさんにインタビュー!!」

Part9:「受賞式、そしてアフター・パーティへ」

Doticon_NEW.pngPart10:「番外編:お買い物、パンケーキ、ディズニーランド!!!」